前へ
次へ

賃貸管理ではサブリースも利用できる

賃貸経営は、資産運用にも通じる不動産投資の成功の鍵になりますが、入居者とのトラブルに繋がり、また利益での不安要素にもなりうる問題が「家賃滞納」だとも言われています。
もちろん、賃貸経営においては空室リスクもつきものですが、経営する以上は家賃収入がなければ成り立たないものです。
入居者に賃料の催促をするのも自主管理であるなら、オーナー(投資家)が自ら対応せざるを得ないものです。
しかし、すんなり支払ってくれる入居者ばかりではありませんし、裁判沙汰にまで発展させたくもなく、穏便にコトを済ませたいものです。
そこで、賃貸管理会社を活用したり、最近話題を浴びるサブリースを利用することにより、そうした入居者とのトラブルや賃料のリスクをグッと下げることができます。
例えば、建物や設備管理のみならず、家賃徴収も委託してみたり、家賃保証を受けることで安心のタネをまくことができると言います。
ちなみに、サブリースは、賃貸オーナーに代わって不動産会社が物件を借り上げ、第三者に転貸する又貸しのことを指しています。
賃貸管理を手がける事業者が借り上げてくれるからこそ、資金繰りで難しいサラリーマンでも賃貸経営ができるのです。
借り上げた賃貸マンション・アパート・オフィスなどを入居者に転貸するという方法は魅力的です。
入居者募集を手始めに、建物のメンテナンスまで請け負うことにより、自主管理の手間暇を省くことができます。
安定した収入の見込み、初めての不動産投資(資産運用)においては、不安であればサブリースや保証を検討してみましょう。
入居者からみれば、貸主はオーナーでなく、あくまでも不動産会社です。
家賃滞納も対応してくれることはやはりデメリットにはならないメリットと言えそうです。
一般的には、空室の有無によって賃料の保証があるようにイメージしがちです。
しかし、空室の有無は関係なく、毎月一定額の賃料が賃貸オーナーに支払われます。

ワンストップで中国への進出の提案ができる会社
企画やWebサイト制作・営業代行からプロモーションまですべて支援をしてくれるので便利です。

大阪や名古屋、京都のマンション清掃はダイキチに相談しよう!
マンション清掃の他、ジムやオフィスなどあらゆる空間の清掃を行っています。

Page Top